ココネルエアーのデメリットは何?解決できる問題点について紹介します!

ベビーベッドのココネルエアーは折りたたみができてとても人気ですね!

そんな人気のココネルエアーですが、デメリットがないのか気になった事はありませんか?

赤ちゃんに使うものだから安全で良いものが欲しいと思うのは親の役目。

この記事ではココネルエアーのデメリットにふれつつ、解決できる方法をご提示していきますね!

目次

ココネルエアーのデメリットを紹介

早速ですがココネルエアーのデメリットを紹介します。

折りたたみベビーベッドのココネルエアーですが、以下のデメリットが考えられます。

デメリット①:折りたためるけれども重たい

ココネルエアーは折りたたみができて収納ができるから便利ですが、重たい。

約15㎏あるので簡単には運べません。

軽すぎると強度に不安が残るのである程度重たいのは仕方がありませんね。

デメリット②:ベッドの開閉で音が鳴る

せっかく寝かしつけを頑張ってようやくベッドに置いたのに…

安全のためにベッド柵を閉める際に「カチャ」っと音がなります。

それで起きてしまったという意見もみられます。

デメリット③:ベッドを下段にした場合、腰を痛める可能性がある

寝返りを始めると落下防止のためにベッドを下段に下げますが、屈んで赤ちゃんを抱っこする必要があるため、腰を痛めやすい動作になります。

使い勝手の悪さに、寝返りを始めたころに使わなくなる人も多いです。

デメリット④:狭い

赤ちゃんがある程度大きくなり、寝返りを始めるようになるとやや狭さを感じます。

寝返りを始めたころには布団に切り替えた方が赤ちゃんも快適です。

デメリット⑤:ベビーサークルとしては使えない

ココネルエアーはベビーサークルとして長く使えるとありますが、実際には使用しません。

大半の赤ちゃんはベビーサークルの狭い中には納まってくれません。

それよりもベビーサークルは専用のものを購入した方が効果的です。

ココネルエアーのデメリットを解決する方法

ここからはココネルエアーのデメリットを解決する方法を提案します。

前述のココネルエアーのデメリットをまとめると以下のようになります。

ココネルエアーのデメリット

・重たくて簡単に移動ができない

・ベッドの開閉で音がなるので寝ている赤ちゃんを起こしてしまう

・ベッドを下段にした場合に腰を痛めてしまう可能性がある

・寝返りしだすと狭く感じる

・ベビーサークルとしての使い方はほぼ出来ない

それぞれ解決策を紹介しますね!

重たくて簡単に移動できないことへの解決策

ココネルエアーは約15㎏あるため、折りたたみができるといっても簡単に移動するのは大変です。

基本的には移動しないものとして考えておく必要があります。

ベビーベッドにこだわりがなければより軽いものを選ぶのも選択肢の一つですね。

寝具・子供用品専門店HaHaPrice

ベッドの開閉時の音がなる問題への解決策

これは仕様上の問題ですので、解決が難しいです。

予め閉めておくか、ココネルエアー以外の商品を検討しましょう。

ベッドを下段に降ろした際に腰を痛める可能性があることへの解決策

これも使用上の問題ですので、ココネルエアーを使用する際は注意が必要です。

腰をかがめる際は両膝を曲げながら行うことで腰への負担は軽くなります。

腰痛対策の重要事項なので覚えておいて損はないですよ。

寝返りしだすと狭く感じる、ベビーサークルとしては使用できないことへの解決策

2つまとめての解決策にはなりますが、ココネルエアーは購入せず、レンタルする手もあります。

大体ではありますが、6か月程度しか使用しないのであればレンタルした方が価格面でも安いです。

以下の記事で詳細に比較していますが、レンタルした方が圧倒的にコスパに優れています。

レンタルはベビー用品レンタル最安値水準の「ベビレンタ」でのレンタルをおすすめします。

\ レンタルの業界最安値はこちら /

ココネルエアーのメリットは?

ここまでデメリットばかりを紹介しましたが、メリットもあります。

一覧で紹介すると、

ココネルエアーのメリット

・収納が可能

・木枠のベビーベッドよりは軽い

・売るときに畳めるので売りやすい

・メッシュ素材なので通気性や安全性に優れている

といったメリットがあります。

重たいとは言え、木枠のベッドと比べたら持ち運びは容易です。

デメリットを考慮した上で購入する事にメリットを感じるのであれば購入を検討しましょう!

ココネルエアーが向いていない人は?

最後に、ココネルエアーが向いていない人を紹介します。

以下に当てはまる人はココネルエアーは向いていないか、短期間のレンタルを検討しましょう。

ココネルエアーが向いていない人①:ベビーベッドを1歳過ぎまで利用したい人

ココネルエアーは前述の通り、寝返りをするくらいまでが現実的な仕用期間だと思われます。

寝返りをしたり、立ち上がるようになると落下に注意が必要です。

高さは2段階調整が可能ですが、2段階だと不便さがあり、腰を痛める可能性があります。

おむつ替えはベッド上でしにくいため、結局は床の上ですることになります。

ココネルエアーが向いていない人②:収納が欲しい人

木製のベビーベッドといえば、ベッド下に収納があるものが多いです。

ココネルエアーはベッドを下段に下げてしまうと、下段の収納はないに等しいです。

収納よりもコンパクトで軽さを優先しているため、仕方がありませんね。

ココネルエアーが向いていない人③:保管場所がない人

ココネルエアーはコンパクトに畳める利点はありますが、

2人目の赤ちゃんで使用するまでにはかなりの時間があります。

その間、保管できるスペースがあれば良いですが、現実的には場所を取ってしまうことが多いです。

保管場所がないかたには向いていません。

そういった場合にはレンタルする事で解決できます。

ココネルエアーが向ている人

では、どういった人にココネルエアーが向いているのでしょうか。

以下に該当すると購入を検討しても良いと思います。

ココネルエアーが向いている人①:短期間での利用を考えている

前述の通り、ココネルエアーは長くえてもお座りするまでと考えます。

適切に使用すれば落下の危険も免れますが、そのほかのデメリットがあります。

概ね6か月程度の利用を考えているのであればココネルエアーは向いているでしょう。

短期間であればレンタルがお得ですね。

ココネルエアーが向いている人②:保管場所がある人

赤ちゃんが今後も増える予定で、保管場所がある人は購入を検討しても良いです。

コンパクトに畳めるため、保管場所さえあれば1回で購入した方がお得になります。

赤ちゃんが今後も増える予定でなければレンタルした方がお得です。

ココネルエアーが向いている人③:サブのベッドとしての利用を考えている人

メインではなく、サブ用のベッドとして考えている人はココネルエアーが最適です。

この場合も短期間で利用する事が多いので、レンタルをおすすめします。

ココネルエアーが向いている人④:ベッドを移動する人

ベッドをよく移動したり畳んだりする人は木枠のベッドよりもココネルエアーが使いやすいです。

軽いと言っても15㎏あるので簡単には運べませんが、キャスターがついているので比較的移動は楽です。

ベッドを移動して掃除をしたり、部屋を模様替えすることが多い人はココネルエアーが向いています。

ココネルエアーが向いている人⑤:安いブランドよりも安心のブランドが良い人

同じようなタイプのベビーベッドは他にも販売されています。

安かろう悪かろうの商品ばかりではありませんが、

アップリカココネルエアーは名が知れたブランドのため、安心感はありますね。

安心感を求める人にはココネルエアーが向いています。

まとめ:ココネルエアーはデメリットもあるがメリットも多い!

ココネルエアーのデメリットに注目して紹介しました。

デメリットはありますが、それに勝るメリットが多いこともご理解いただけたかと思います。

木枠のベッドにはないメリットが魅力であれば是非おすすめしたい商品ですね!

また、ココネルエアーを6か月程度利用するのであればレンタルがお得です!

詳細は以下の記事を確認するか、ココネルエアーのレンタルサイトを確認されて下さい。

\ レンタルの業界最安値はこちら /

添い寝を希望している方は以下の記事も読んでみて下さいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サブスクリプションについてまとめています!サブスクを生活に取り入れてみませんか?生活の質が一段階アップすると思います!何かわからないことがあったらご相談ください!また、当サイトでは掲載依頼もお待ちしております。

コメント

コメントする

目次
閉じる