スキーウェアはレンタルと購入でどっちがお得?徹底的に比較してみた!

スキーウェアどうしてますか?

何も考えずにレンタルしている人!損するかもしれません。

この記事ではスキーウェアをレンタルと購入した場合でどっちがお得か比較します!

結論から言いますが、スキーに行く回数が多い人ほど、購入した方がお得です。

また、レンタルする場合と、購入した場合でメリットデメリットがあります。

この記事を読めばレンタルなのか購入した方がいいのかで迷うことはなくなりますよ。

それぞれ紹介していきますね。

目次

スキーウェアのレンタルと購入を料金(費用)で比較!

1番気になるところはレンタルにかかる料金と、購入にかかる費用ですよね。

どっちがお得になるのか紹介します。

スキーウェアのレンタルにかかる料金は?

一般的にスキーウェアをレンタルした場合は大人で1日に3,000円~5,000円程度です。

例えば、1泊2日日でレンタルした場合は3,000円としても×2日で6,000円の料金が発生します。

ワンシーズンに何回も行くとなるとその分、レンタル料がかかってくる計算になります。

通しレンタルやホテルとセットでのレンタル料金割引があったとしても、

スキーに行く回数が多いだけ料金が高くなっていくと思って良いでしょう。

スキーウェアの購入にかかる料金は?

スキーウェアは安いものから高いものまで、選べばキリがないです。

安いものでは10,000円程度、メーカーものの高い商品は100,000円を超えるものもありますね。

例えばこちら12,000~14,000円で販売されています。

普通にお洒落ですよね!

これくらいの性能で十分だと思います。

レンタルと購入でどっちがお得か比較!

スキーウェアをレンタルした場合と購入した場合で比較します。
わかりやすく表にしましょう!

回数(日数)レンタル(1日3,000円と仮定)購入(12,000円と仮定)
1回3,000円12,000円
2回6,000円12,000円
3回9,000円12,000円
4回12,000円12,000円
5回15,000円12,000円

表を見てお分かりいただけるように、
レンタルした場合は4回目までは購入とほぼ同じです。

5回目以降は購入した場合がお得になります。

よっぽど好きな人ではない限り、ワンシーズンに5回いくかどうかというとこですが、毎年スキーに行くような方は購入した方がお得ですね。

購入するには、先ほどのネットショップを参考にするとよいです。

そのほかでは、スポーツ専門店のネットショップも参考になります。

以下は一例です。

マリン・ウィンタースポーツ用品【ヴィクトリア】
スノボやスキーウェアの特集などあり

【最短翌日配送】スポーツデポの公式オンラインストア
スポーツデポは有名なショップですね

【公式】スポーツ用品総合通販ならスーパースポーツゼビオ
スーパースポーツゼビオも一般的なショップです

試着したい場合は店舗が優先ですが、購入はネットがお得になることが多いです。

スキーウェアのレンタルと購入でそれぞれのメリットとデメリットについて紹介

スキーウェアは行く回数によって購入した方がコスパが良いことはお分かりいただけたと思います。

レンタルと購入、それぞれでメリットとデメリットがあるので、こちらで紹介します。

レンタルのデメリットとメリットについて

スキーウェアをレンタルした場合のデメリットについては以下の通りです。

  • 込み合っている場合、レンタルウェアがない場合がある
  • デザインは選べない(気に入ったものがない可能性がある)
  • 他人が着たウェア
  • サイズが合わない可能性がある
  • ウェア本来の性能が弱まっている可能性がある
  • 何度も行く場合は料金が高くなるのでデメリットとなる

スキーウェアをレンタルした場合のメリットについては以下の通りです。

  • 1回のレンタルでかかる費用は3,000円程度
  • 荷物が多くならない
  • レンタル品なので自分でのメンテナンス不要
  • 自宅に保管する必要がない
  • ホテルのプランなどにより格安で借りられることがある
  • あまりスキーに行かない人はレンタルがお得

購入のデメリットとメリット

スキーウェアを購入した場合のデメリットについては以下の通りです。

  • 初期費用がかかる
  • 使用後に手入れをする必要がある
  • 使わない時に自宅で保管する必要がある
  • 体形が変わると着れなくなる可能性がある

スキーウェアをレンタルした場合のメリットについては以下の通りです。

  • 自分の好きなスキーウェアを選ぶことができる
  • サイズ感などを合わせやすい
  • 何回も行くのであれば購入した方が安くなる
  • オリジナル性を出す事ができる
  • モテる(可能性がある)

子供のスキーウェアに関してはレンタルが良い

子供の場合においても1シーズンに何回でも行く場合は購入した方がお得です。

しかし、1シーズンに2回程度であれば、
子供は成長してすぐにサイズアウトしてしまうので、

その都度レンタルしていくことがお得になる可能性が高いです。

スキーウェア以外は自分で用意しよう

スキーウェアだけあればスキーやスノボができるわけではありません。

一例をあげていきます。

防寒のためのアンダーウェアは必須です。

靴下もスキー用のものを選びましょう。

グローブはレンタルするより購入して持っておいていいですね。

ゴーグルもレンタル可能ですが、持っておいて良いでしょう。

まとめ:スキーウェアは4~5回スキーにいくなら購入した方がお得!

まとめます。

ワンシーズンに4~5回も行かないわーという方はレンタルでも良いですが、数年で4~5回超えそうな方も購入した方が最終的には安くなることが多いです。

スキーが好きな人は行く回数も多くなるでしょうから、購入した方がお得ですね!

以上、スキーウェアをレンタルと購入で比較しました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サブスクリプションについてまとめています!サブスクを生活に取り入れてみませんか?生活の質が一段階アップすると思います!何かわからないことがあったらご相談ください!また、当サイトでは掲載依頼もお待ちしております。

コメント

コメントする

目次
閉じる