【解決】酵素玄米の保温時間と温度はどれくらいが最適?その疑問に答えます!

酵素玄米を作りたいけど保温時間・温度はどれくらいがいいか迷ったことがありませんか?

玄米おじさん

わしが最適な保温時間と保温温度を伝えるぞ!

酵素玄米を作るには最適な保温時間と保温温度があるんじゃ。

その答えはこの記事の中にある!
サクッと読めるように書いているので是非とも参考にしてくれ!

目次

酵素玄米を作るには保温時間が大事!

酵素玄米に適した保温時間は72~92時間程度とされています。
つまり、3~4日程度ですね。

長すぎると腐敗する可能性がありますし、短すぎると酵素玄米の力を発揮できません。

酵素玄米はその名の通り酵素の力を利用します。
酵素の発酵する力を利用して酵素玄米にしていくのです。

保温時間はそれくらい守って欲しい時間になります。
あとは食べるタイミングに合わせて仕込むことも意識しなければなりませんね。

では、保温時間だけ気をつけておけばいいのでしょうか?

答えは「No」です。

保温時間だけではなく、保温温度というものもとても重要になります。
次項で保温温度について解説しますね。

酵素玄米を作るには保温温度も大事!

保温時間についてはご理解いただいたところで、保温温度についても解説します。

酵素玄米を作る際の保温温度に関しては、70~74℃が最適とされています。

高温すぎると酵素が働かなくなりますし、低温すぎると雑菌の原因にもなります。
よって70~74℃が適切とされています。

3~4日保温するため、雑菌が増えるのは嫌ですよね。

普通の炊飯器でこの条件を満たせるのかどうか気になりませんか?
次項でご説明します。

酵素玄米は普通の炊飯器でも作れるが推奨できない!

以前、このような記事を書いています。

酵素玄米を普通の炊飯器や圧力鍋で作ってはいけない理由

・メーカーが推奨していない(できないと断言している)
・保温温度が低すぎる
・長時間の保温を想定して作られていない

玄米おじさん

できれば普通の炊飯器や圧力鍋では作って欲しくないのじゃ。

詳しくは上記リンクを読んでいただけるとわかりますが、
以下で簡潔にご説明します。

保温時間の問題

普通の炊飯器は長い時間の保温を想定されていません。
長く保温する事で故障の原因になったり、違ったトラブルに繋がりかねません。

保温時間を適切に確保するためには元々保温を想定した専用の炊飯器を使う方がよいでしょう。

保温温度の問題

普通の炊飯器においてもメーカー記載で70~75°くらいで保温可能な機種もあります。

しかし、メーカーそのものが保温高のモードで長時間の保温を想定してませんし、
最大温度が70~75°であって、エコの観点から一時的に60℃まで下げる機種もあるようです。

圧力鍋においては温度管理が難しいので論外ですね…

メーカーによっては酵素玄米は作ってはいけないと書いてあります。

こういった点からできるだけ専用の炊飯器で作る方がよいとされています。

酵素玄米専用の炊飯器はあるのか?

酵素玄米専用の炊飯器はあります。

上記記事でまとめてはいますが、
おすすめの商品をふたつ紹介します。

どちらも優秀な商品です。

ボタン一つで発芽玄米から保温まで行ってくれるので、さきほど説明した保温時間保温温度を気にする必要がありません。
酵素玄米も想定して作られているため、保温時間、保温温度の問題はバッチリ解決できます。

もちろん、通常の炊飯器としても使用できます。
ツインプレッシャーIHは無圧、高圧を選ぶことができるなど、高級炊飯器といえますね。

ツインプレッシャーIHはお得に買う方法があります!

PremiumNew圧力名人はネットショップより購入する他ありませんが、
ツインプレッシャーIHは特典付きで購入する方法があります。

それぞれ、特典付きで購入することが出来ますので、
通常のネットショップでの購入を検討されるのであれば是非とも活用してみて下さい。

詳しくは以下の記事も参考にしてみてください。

玄米おじさん

酵素玄米を是非とも食してくれぃ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サブスクリプションについてまとめています!サブスクを生活に取り入れてみませんか?生活の質が一段階アップすると思います!何かわからないことがあったらご相談ください!また、当サイトでは掲載依頼もお待ちしております。

コメント

コメントする

目次
閉じる